「食欲の秋」「スポーツの秋」「読書の秋」「芸術の秋」・・・さまざまな言葉が冠されますが、秋と言えば、もちろん“ひやおろし”です。

仕事帰りに、日本酒バーに立ち寄りました。お目当ての“ひやおろし”がメニューに登場、早速、飲み比べシリーズをオーダーしました。

飲み比べ

 

 

 

 

 

 

 

 

それぞれの酒蔵の解説に耳を傾けると;

佐賀県有田市の「宮の松」特別純米酒ひやおろし、ひと夏を超し、新酒の頃の爽やかな香りはそのままにまろやかさを増し、口当たりなめらかに、繊細で上品な米の旨みが広がります。

三重県産の「作(ざく)」純米原酒ひやおろし、穏やかで甘く熟したメロンの吟醸香。飲んだ瞬間爽やかに甘みを感じさせ、それを、ほんのりテンションの高い酸が一緒に後半まで流れていきます。

山形産の「大山」特別純米酒ひやおろし、ほのかな吟醸香が心地よく、口当たりはやや辛口ながら、含みに甘やかさもあり、キレも良好。すっきりした中に潜むしっかりした旨みとまとまり良く幅のある味わいが、秋の味覚を引き立てます。

秋の味覚

 

フルーティなひやおろし、秋の味覚とのマッチングもばっちりです。

この日の肴は、「つぶ貝 & 鰤の刺身」「シシャモ」「砂肝の唐揚げ」「ほやの塩辛」「キャベツの白キムチ和え」・・・。

そして、圧巻はこれです。

アナゴ

真ん中に煮穴子を詰め、白身の魚のすり身で包み、海苔を巻いています。たれは甘く、穴子に合わせています。

“ひやおろし”に英気をもらって、明日の仕事に向かいます。