向寒のみぎり、熱燗と同時に鍋の季節ですね。
西麻布にある、秋田料理のお店に行ってきました。
もちろん、お目当ては、冒頭の写真の“きりたんぽ鍋”です。

○ヤートセー コラ秋田音頭です (ハイ キタカサッサ コイサッサ コイナー) コラ秋田名物八森鰰々(ハタハタ)

子持ち鰰

 

子持ち鰈(カレイ)とかはお馴染みですが、子持ち鰰々(ハタハタ)を、初めて食しましたが絶品でした。粒々していて、インパクト豊かな食感です。辛味大根のかけ汁とも、相性抜群です。

ここのお店は、都会のど真ん中にありながら秘かに隠れていて、中に入れば、民芸風の懐かしい趣が漂います。高清水、新政・・・、秋田の銘酒を漆の器で頂きます。

漆の器

 

○コラ秋田の女ご 何してきれいだと聞くだけ野暮だんす 小野小町の生まれ在所 お前(め)はん知らねのげ

○コラ何につけでも一杯呑まねば 物事はかどらね 呑めば呑むほど気持ちコ開けて 踊りコなど出はる

比内鶏の炙り焼き、白舞茸のバター炒め、鯛の塩作りなどで、お腹いっぱいになりました。次回は、良い仕事をし更に空腹を抱えて、“きりたんぽ鍋”制覇を目指します。