赤坂にある九州郷土料理の店で、ワラスボ酒を飲んできました。
有明海の珍魚「ワラスボ」、独特の風貌から「海のエイリアン」とも呼ばれています。

珍味5点盛り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、珍味5点の盛り合わせ、中央を飾るのは「真がに漬け」(がに漬け・がんつけ)です。小さなカニをまるごとつぶして塩漬けにし、唐辛子、醤油などで味を調えた、いわば「カニの塩辛」です。今回、食したのは爪の形が残るぐらいに荒くつぶしたもので、ガリガリとした食感が醍醐味でした。

久留米ラーメン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熊本の「馬刺し」、鹿児島の「薩摩揚げ」を肴に、ほろ酔いになったところで、〆は、豚骨ラーメンの元祖と称される「久留米ラーメン」を選びました。「白濁豚骨スープ」が、実に美味しいです。

起業して初めての年越し、仕事は悪戦苦闘の日々が続きますが、良きスタッフを宝、酒を心の友として、新しい年、前向きに取り組んでいきます。