商売繁盛

起業して2度目の新年を迎えました。ホームページにアクセスしても、だんだん代わり映えしなくなってきたとき、この会社は大丈夫かと不安がられます。
そこで、商売繁盛を祈念して、“酒と仕事”を久しぶりに復活します。

帰りに、初詣気分で訪れたのは、同じく今日が仕事始めの、馴染みの ”日本酒バー” でした。入口の直ぐに、商売繁盛の一本が飾られていました。

生ビール

カウンターで飲みました。ここの生ビールは、ずばり、美味しいです。
起業して辿りついたことは、「季節が巡って、初めて、花が咲き、実がなる。それまで、焦らず、種を蒔き、苗を育て続けていく」ということの大切さです。
ほろ酔いの中、改めてこの思いが浮かんできます。


五橋ねね

飲んだ日本酒は;
「五橋 ねね 発泡純米酒 金箔入り(山口県)」
「鳳凰美田 初しぼり 純米吟醸 (栃木県)」
もうひとつ、宮城県の「伯楽星」でした。

一年のうちで一番寒い時期に、酒蔵でじっくりと仕込まれ、加熱処理を一切せずしぼられた「新酒」をそのまま瓶に詰めた「生酒」・・・これが、“初しぼり(しぼりたて)”と呼ばれます。フレッシュで爽快な味が特徴です。

酒の肴

酒の肴は;
空腹にもってこいの「ハムカツ」、旬の「炙り付き、鰤(ぶり)の刺身」、珍しい「笹穴子」、歯ごたえのある「ツブ貝の刺身」、サッパリした「キャベツの白キムチ和え」でした。

高層ビルの建築が目白押しの日本橋にあって、路地を曲がったところに佇むこの店は、焦りがちな心を不思議と癒してくれます。気がつけば、店は満員御礼、まさに商売繁盛です。

ピーター・ドラッガー

ファルマシュプールも、一歩一歩ですが、お客さんを創り始めてきました。継続的な声かけと丁寧な対応を通して、応援していただく方々の輪を、徐々に広げてきたように思います。2015年、日々新た、さらに粘りを積みます。