日本橋にファルマシュプールを起業して、この4月1日に丸5年のアニバーサリーを
迎えます。

夢中になって駆け抜けてきたため、なかなか桜を愛でる暇もなかったのですが、
春になれば必ず花を咲かせてくれる桜は、いつもエールを送り続けてくれているのかも
知れません。

ここ日本橋では一足早く、桜フェスティバルが開幕しました。

日本橋は「江戸桜通り」や「日本橋さくら通り」など桜の名所が存在し、桜を愛でながら、食を楽しむ文化が花開いた街、ということで、“五感でアートに楽しむ、街の歴史にちなんだ桜体験”を提供しようというイベントです。

4月14日(土) には、第6回「日本橋エリア 日本酒利き歩き 2018」も開催されます。
“花見酒”ということになりますが、実際は、酒は季節を問わず、超越した存在です。

日本全国酒飲み音頭  【作詞】岡本圭司 【作曲】ベートーベン鈴木

1月は正月で 酒が飲めるぞ
酒が飲める飲めるぞ 酒が飲めるぞ(以下同じ)
2月は豆まきで 酒が飲めるぞ
3月はひな祭りで 酒が飲めるぞ
4月は花見で 酒が飲めるぞ
5月は子供の日で 酒が飲めるぞ
6月は田植えで 酒が飲めるぞ
7月は七夕で 酒が飲めるぞ
8月は暑いから 酒が飲めるぞ
9月は台風で 酒が飲めるぞ
10月は運動会で 酒が飲めるぞ
11月は何でもないけど 酒が飲めるぞ
12月はドサクサで 酒が飲めるぞ

この歌詞を読み直すと、自分は子供の日(端午の節句)に生まれたので、堂々と酒を飲んで良いというお墨付きを得たことになりますね(笑)。

さて、ホームページを更新し、次のようなWelcomeメッセージを発信しました:

「ファルマシュプールは今春、起業5年のアニバーサリーを刻みます。
臨床試験アドバイザーという、理解され難いニッチな領域で、悪戦苦闘、紆余曲折の中、一歩一歩、着実に実績を挙げて参りました。
たった6名の、本当にちっぽけなチームですが、ファンの方々の温かいエールに支えられて、ここ日本橋のど真ん中で、異彩を放ち続けていきたいと願っています。
会い難くしてお会いできた皆様が、また、会いたくなられるような、ファルマシュプールを目指します。」

“臨床試験アドバイザー”は、本当にどう説明して良いか困るのですが、下記の記事には少し、勇気づけられました。

“最先端”というと恥ずかしいのですが、時代を先駆けていきたいという願いは抱いています。
ここをご理解して頂ける、ロイヤル・ファンの方々こそ、ファルマシュプールにとって、宝物であり、一層のご厚誼を仰ぐ次第です。

また、このコラムの更新を、時折、チェックして待ち望んでおられる方々を知り、
望外の喜びです。

再開致しますので、どうぞよろしくお付き合い願います。