創薬から育薬まで、バイオマーカー探索から臨床試験/臨床研究支援まで、医薬品開発におけるあらゆるプロセス刷新へのコーディネイト業務を行います
コラム
  • HOME »
  • コラム »
  • 酒と仕事

酒と仕事

酒と仕事 (65)

ファルマシュプールを起業したとき、経営実績を有する友人から、「ベンチャー企業は3年持つのが30%、10年持つのは10%に過ぎない」と言われました。とりあえず、どうにか5年持ったな、というのが正直な実感です。

酒と仕事 (64)

最近、居酒屋で、この魚をよく見かけます。“のどぐろ”と呼ばれています。 アカムツ(赤鯥、学名:Doederleinia berycoides)とはスズキ目スズキ亜目ホタルジャコ科に属する暖海性魚類である。スズキ科とする分 …

酒と仕事 (63)

前回、紹介した「日本全国酒飲み音頭」(1979年12月1日発売)には、“季節version”に続いて、“飲み歩きversion”があります。

酒と仕事 (62)

日本橋にファルマシュプールを起業して、この4月1日に丸5年のアニバーサリーを 迎えます。

酒と仕事 (61)

ファルマシュプールを起業して今春で4年になります。悪戦苦闘、紆余曲折、そして遅々とした歩みでしたが、漸く、ミッションに適った創薬から育薬に渡る、医薬品開発&臨床試験支援にささやかながら貢献しつつあります。

酒と仕事 (60)

昨年12月に、薬学部4年生を対象とした講義を依頼され、久しぶりに若い方々を対象に話をしました。 テーマは「医薬品開発における臨床試験の役割」。熱心に聴講して頂きました。 講義後のQ&Aで、ファシリテータ役の学生さ …

酒と仕事 (59)

起業してちょうど3周年、ここ日本橋にまた、春が巡ってきました。

酒と仕事 (58)

馴染みの九州郷土料理のお店より届いた、【季節の旨かもん情報】に誘われて、週末に足を運びました。

酒と仕事 (57)

Happy-Valentineに「竹鶴ピュアモルト生チョコレート」を頂きました。 左党の身に、ただの甘いものは無用な代物ですが、そこにアルコールが絡めば、評価は逆転します。

酒と仕事 (56)

伝統的な「槽」や「袋取り」の手法で搾るとき、搾られ出てくるお酒の状態には順序と特徴があり、それぞれ名前がつけられています。最初に出てくるお酒は薄く濁っていて、これを「あらばしり」といいます。 「あらばしり」はワイルドな味 …

1 2 3 7 »
PAGETOP
Copyright © ファルマシュプール株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.