創薬から育薬まで、バイオマーカー探索から臨床試験/臨床研究支援まで、医薬品開発におけるあらゆるプロセス刷新へのコーディネイト業務を行います
コラム
  • HOME »
  • コラム »
  • PGx

PGx

PGxコラム~遺伝子多型解析の基礎 PCR~

遺伝子多型解析について説明する際に、基礎として押さえておきたい方法がPCR(Polymerase Chain Reaction)です。

PGxコラム~遺伝子型と表現型~ EM / IM / PM

表現型(phenotype)とは、遺伝子型(genotype)が形質として表に現れたものです。 例えば、ABO式血液型では、A/B/Oの3種の遺伝子の組み合わせ(遺伝子型)により、A型・B型・O型・AB型という表現型が形 …

PGxコラム~遺伝子多型~

少し間が空いてしまいました。 前回のコラムの最後にお知らせした通り、今回は遺伝子多型についてお話したいとおもいます。   簡単に言うと、遺伝子多型とは「遺伝子の本体であるDNAの塩基配列の個人差」です。 (DN …

PGxコラム ~薬物応答性の個人差~

初回でも触れましたが、ゲノム薬理学: PGxとは 「薬物応答と関連するDNA及びRNAの特性の変異に関する研究」 です。 薬剤応答、すなわち薬の治療効果や副作用の表れ方には個人差が生じることがあります。   薬の効果は血 …

PGxコラム ~ゲノム薬理学(Pharmacogenomics: PGx)とは~

先日、本HPの業務内容「遺伝子解析導入治験のサポート」に詳細がUPされました。 現在弊社で取り組んでいる「薬理ゲノム学(PGx)関連治験の企画」について、 受託体制と実例についてご説明しております。薬物代謝酵素CYP2D …

PAGETOP
Copyright © ファルマシュプール株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.