2013年9月

酒と仕事
酒と仕事 (27)

高視聴率で話題になった「半沢直樹」も最終回が放映されました。本来の、キャッチコピー「クソ上司め、覚えていやがれ!」よりも、この「やられたら倍返しだ!」が、すっかり流行語となりました。 「越後屋」の跡地にあります。三井財閥 […]

続きを読む
酒と仕事
酒と仕事 (26)

杯(さかずき)の 月を飲み干す 長寿かな 薬王子 杯に月を映して飲むと長寿が得られると教わりました。 冒頭の句は、「薬王子」という俳号を持つ杉本八郎先生が詠まれた一句です。月には若返りの霊水があるという神話もあり、“百薬 […]

続きを読む
酒と仕事
酒と仕事 (25)

時勢という奔馬を御しているつもりで、逆に時勢にほんろうされていただけだった・・・ 久坂玄瑞の言葉(禁門の変/蛤御門の変) 関厚夫「紅と白」 才余り、時代の先を行き過ぎて、自らの意思に反した進撃論に参じ、享年25歳の若さで […]

続きを読む
酒と仕事
酒と仕事 (24)

プロ野球、ヤクルトのウラディミール・バレンティン外野手が、神宮球場での対阪神戦で本塁打を放ち、プロ野球記録を49年ぶりに更新しました。 小学校に上がる前であり、野球のルールも解らず退屈極まりない中、外野席フェンスに寄りか […]

続きを読む
酒と仕事
酒と仕事 (23)

「食欲の秋」「スポーツの秋」「読書の秋」「芸術の秋」・・・さまざまな言葉が冠されますが、秋と言えば、もちろん“ひやおろし”です。 仕事帰りに、日本酒バーに立ち寄りました。お目当ての“ひやおろし”がメニューに登場、早速、飲 […]

続きを読む
酒と仕事
酒と仕事 (22)

2020年オリンピック・パラリンピック東京開催決定に貢献した、この招致活動“ロゴ”は、桜の花をモチーフにデザインされています。特徴的なのは、オリンピックカラーの赤、青、黄、緑、そして黒の代わりに東京を表す色「江戸むらさき […]

続きを読む
酒と仕事
酒と仕事 (21)

酒を飲んでも適度に留め乱れることもないgentlemanに敬意は表するものの、圧倒的に面白いのは、徹底的に飲みまくって必ずエピソードを残す、愛すべき輩です。 学生時代、アルバイトで塾の手伝いをしました。主に中学生相手でし […]

続きを読む
酒と仕事
酒と仕事 (20)

涙じゃないのよ 浮気な雨にちょっぴりこの頬(ほほ) 濡らしただけさここは地の果て アルジェリヤどうせカスバの 夜に咲く酒場の女の うす情け エト邦枝「カスバの女」 エト邦枝が1955年(昭和30年)に発表した楽曲「カスバ […]

続きを読む