2013年12月

酒と仕事
酒と仕事 (36)

赤坂にある九州郷土料理の店で、ワラスボ酒を飲んできました。有明海の珍魚「ワラスボ」、独特の風貌から「海のエイリアン」とも呼ばれています。 こちらは、珍味5点の盛り合わせ、中央を飾るのは「真がに漬け」(がに漬け・がんつけ) […]

続きを読む
酒と仕事
酒と仕事 (35)

「昨日は、有意義かつ楽しいひとときを過ごしました。特に、3軒目の地ビールの店は美味しかったです。その店では、先生の恋愛論を拝聴し、感銘を受けました」 若かりしころの飲み会で、先輩のドクターと病棟のナース主任が、すっかり酒 […]

続きを読む
酒と仕事
酒と仕事 (34)

ともかくもあなたまかせの年の暮 小林一茶 あわただしい師走の日々、今年もいよいよ、押し詰まってきました。 一茶のいう“あなたまかせ”は、「阿弥陀如来」を指します。俳諧俳文集『おらが春』の末尾を飾るこの句に、浄土真宗の他力 […]

続きを読む
酒と仕事
酒と仕事 (33)

「長谷川さん、肉面(にくめん)という言葉を知っていますか?」 酔っ払って部屋に乱入してきたO君は、絞り出すように語りました。 外はそぼ降る、雨の夜でした。下宿の後輩、O君が、同郷の友人と秋田弁で大声をまくしたてながら、帰 […]

続きを読む
酒と仕事
酒と仕事 (32)

向寒のみぎり、熱燗と同時に鍋の季節ですね。西麻布にある、秋田料理のお店に行ってきました。もちろん、お目当ては、冒頭の写真の“きりたんぽ鍋”です。 ヤートセー コラ秋田音頭です (ハイ キタカサッサ コイサッサ コイナー) […]

続きを読む
酒と仕事
酒と仕事 (31)

ご無沙汰しました。約2ヶ月ぶりに、“酒と仕事”シリーズにカムバックしました。季節は夏の余韻から、秋を越えて一気に冬に、気がつけば燗酒の恋しい季節となりました。 ひとしきり仕事に勤しんで、帰りがけに“おでん”屋に立ち寄る、 […]

続きを読む